©GMO GlobalSign Holdings

人事制度作りは、会社作り。
人で経営を担える存在へ

HIROTO MORI

森 洋人

2021年 入社

HR戦略室

人事

section1

CHAPTER 01

HRとGMOイズムの推進委員会で会社の文化を作る

現在私はHR戦略室に所属し、人事制度の企画や運営を中心に様々な業務に携わっています。そのほか、GMOイズムの推進委員 会にも所属しています。GMOイズムとは、GMOインターネットグループのヴィジョンや経営マインド、組織運営のノウハウや心構えなどをまとめたもの。日頃から全パートナーに共有しており、仕事をするうえでの行動指針や迷ったときの判断基準になっているものです。推進委員会では、GMOイズムをパートナーにどう浸透させるか、浸透策の企画に携わっています。

CHAPTER 02

自分の考えたことが形になるやりがい

新卒2年間は営業をしていましたが、それ以降はずっと人事の仕事を続けており、採用から労務や制度まわりまで人事全般に携わってきました。転職のきっかけは「人事制度の深堀りをしていきたい」と考えたこと。ちょうど当社では人事制度が大きく変わるタイミングでした。これまではコンサル会社にも頼りながら制度作りをしてきましたがゼロから自分たちで作る、ということを面接で聞き、自分たちで考え、運用まで持っていくというのはほかにはできないようなチャレンジだと思い転職を決意しました。仕事でやりがいを感じるのは、自分の考えたことを形にできた瞬間。今回の制度変革は、全員が前を向き組織を活性化できる良い変革だったと感じています。

section3

CHAPTER 03

常にポジティブに前を向き続けることが、成功への鍵

人事制度は、時代や会社の状態にあわせて常に変わっていくべきだと思っています。古い体質がそのまま残っているほうが組織として不健康ですよね。そんな変化を楽しめる方が、当社には合っていると思います。制度に限った話ではなく、どんなときにも楽しいこと、良いことを見つけて積極的に進んでいける方は、皆さん大きく飛躍されていますね。組織としても自主性を重んじているので、手を挙げればやりたいことにどんどん挑戦できます。環境をうまく活かしながら自己実現をしたい方にはぴったりではないでしょうか。

section3

CHAPTER 04

人という観点で会社の経営を支えていきたい

直近の目標は、新しく作った制度をしっかりと定着させること。そのためにも、今の制度をしっかりと受け入れポジティブに進めていきたいですね。個人的には引き続き制度に関わっていきつつ、もう少し大きな観点で仕事をできるようになりたいです。今関心を持っているのは、人のリソースをどう分配すれば会社として良い成果を残せるのか。人事としてキャリアを高めつつ「人」という観点で経営を担っていけるような人財を目指したいです。

PROFILE

HIROTO MORI

森 洋人

section5

休みの日は、子どものサッカーに全てを捧げています。子どもが所属するチームのコーチをしており、週末はいつも試合に帯同していますね。子どもたちが楽しくサッカーをするためには、やはり勝つことが大切です。なので今は、仕事と同じくらい練習メニューを考えることに必死ですね(笑)。前職まではなかなか子どもと関わる時間を持てなかったのですが、今は平日は仕事、週末は子どものサッカーと、非常に充実した日々を送れています。